医療ワーカー

医療ワーカーの紹介手数料

更新日:

人手不足

医療ワーカーは紹介手数料を取るの?

看護師転職サイトもその数が近年になって急増しました。医療機関での人手不足が叫ばれて久しいのですが、それを反映しているのでしょう。

多くのサイトでは登録自体は無料。しかし中には求人を紹介してもらう際、「紹介手数料」を支払わなければならないところがあります。

その額はサイトによってまちまちですが、中には転職後の年収の10%〜30%をコミッションとしているところもあります。新しい勤務地での年収が400万円だとすると、その額は40万から120万円——。決して安いとはいえません。

サイトによってはその金額を一括して支払わなければならないところもあるので、そうなってからあわてないためにも、登録の際によく注意するべきです。

では医療ワーカーはどうなのかというと、利用者が紹介手数料を支払うことはありません。

おまけに登録料ももちろん無料。転職までの数々のサービスを気軽に利用できます。

なぜ非公開求人があるのか?

医療ワーカーに登録すれば、公開求人はもちろん自由に参照できますが、「非公開求人」を行っている病院・医療機関からも紹介を受けられます。

文字通り、それらの求人は一般には公開されていないのですが、なぜ病院側ではそんな募集の仕方をするのでしょう?

その主な理由は以下の4つです——

条件のいい求人を一般公開すると、応募があまりにも多くなってしまう

もし医療ワーカーで条件の良い求人を一般公開してしまうと、応募数がとんでもなく多くなります。

そうなると、採用担当者の負担が過重となり、ほかの求人への対応に問題が生じてしまいます。

そこであえて一部の人だけがチェックできる非公開求人にして、応募者を減らすことにしたのです。

非公開求人により効率アップ

応募者の数を減らすことでアドバイザーの負担も減り、マッチングの良否の判断がしやすくなります。つまりまず看護師さんのヒアリングを実施し、その人の条件や資質に応じて、非公開求人のなかから良い案件を選ぶ手順になるわけです。

これなら膨大な書類に目を通す必要もなくなり、医療機関、看護師両方に利益のある結果が得られます。

非公開求人にすると内部のトラブルが防止できる

医療機関が看護師を募集するのは、当然人手不足のためです。超過勤務が予想されますから、少しでも良い条件を出さないと有能な看護師は応募してきません。

かといってその条件があまりにも良すぎる場合、元から働いている看護師さんとの間で格差が生じ、職場で不平不満が生まれることになります。

そんなトラブルを回避するためにも、条件が当事者にしか分からない非公開求人が好まれるわけです。

人手が足りないことを患者さんに知られたくない

患者さんが何かの機会に医療ワーカーのサイトを見た場合、公開求人で看護師さんを募集していることが分かると、「この病院は看護師の手が足りないのか」と考えてしまいます。

そうなると行き届いたサービスが行われているのか不安になり、別の病院に移りたいと思ってしまうかもしれません。

そのような事態におちいらないためにも、求人を公開しない医療機関が多くなっているのです。

このように医療機関にとってメリットがあり、看護師もいい条件で働ける非公開求人は、サイトにとっても1種の「目玉商品」。
この非公開求人をどのくらい用意しているかで、そのサイトの評判も決まるくらいです。

医療ワーカーにはこの非公開求人が豊富。利用者から「いい転職ができた」との声が多く寄せられています。

-医療ワーカー

Copyright© 『本当に見つかる!医療ワーカーの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.